Photographers Inc

Supported by

RUGBY

2020年7月9日

こんばんは

お久しぶりです。

バタバタと慌ただしい毎日を過ごしており、すっかりブログから遠ざかってしまっています。すみません。

久しぶりの投稿です。

 

昨日(7月8日)に、ワールドラグビートレーニング&エデュケイションのアジアエリアで、Zoomを使った研修会が行われました。アジアラグビーに属するワールドラグビーのトレーナー資格者を対象に行われました。日本にはMO担当のトレーナーが2人、河野さん(関東協会レフリー委員長)と小生がいますが、マスタートレーナー(トレーナーを評価する)の上野先生に評価とコーチングしていただきました。

 

ワールドラグビーの資格は、MO(マッチオフィシャル)レベル1、レベル2、レベル3、CMO(コーチマッチオフィシャル)レベル1、レベル2があります。このうち、レベル1とレベル2の講師(評価・認定も担当する人)を務めることができます。そのエディケーター講習会の講師(評価・認定も担当する人)を、トレーナーが行います。

エデュケーターとしての技量とトレーナーとして技量の認定のため、8分間の講習を講師として行い、マスタートレーナーに評価してもらいます。

無事に更新できたと思いますが、Zoomなので、実際のグラウンドや講習会場で行うのと違ってやりにくかったです。

 

日本協会はこの4月から、MO資格制度を整備し、それぞれの認定のプログラム、講師の資格も新しくなります。C 級、B 級、A級レフリーの他に、ミニラグビーレフリー(MRR)、全ての始まりとなるスタートレフリー資格に加え、CMOのレベル1とレベル2を新設します。日本協会のエデュケーターを、JRFUエデュケーターを新設し、資格制度の講師(評価・認定も担当する人)を講習会によって認定します。

ワールドラグビーのトレーナーとして、WRエデュケータ、JRFUエデュケータの認定にも、しっかりと関わっていくようにしなければ、と感じました。

2020年3月8日

こんばんは

静かな週末でしたね。

トップリーグの7節と8節はそれぞれ9節後と14節後のBye Wakeに延期、花園で開催予定だったスーパーラグビーもオーストラリアで行われ、日本でのラグビーのない週末でした。

新型コロナの件だけでなく、日野プレーヤーの件もあり、来週以降も行われるのか微妙になってきましたね。

おかげさまで、週末海外で行われる試合のチェックは、スーパーラグビー7試合、シックスネイションズのイングランド対ウェールズは終わって、残すは今日行われるスコットランド対フランスだけです。

 

先週は、フランスに行ってました。

Law Review Group(ロー・レヴュー・グループ)のミーティングが行われました。今回はプレーヤー・ウェルフェアーのシンポジウムと合同開催でしたが、トップリーグの代表の方は欠席され、今回も日本人一人での参加でした。

ワールドラグビー の出張なので、空港にはリムジン、ホテルはエッフェル塔が見えるところにある高級ホテル、往復も快適でした。

 

今回の話し合いの結果、確実に競技規則が変わりそうなのは、

ゴールポストへのトライです。近年ポストカバーが大きくなってきたので、オフサイドラインの手間にトライできることになっており、ポストカバーを上に持ち上げたり、ポストカバーの前に横になったり、トップリーグではポストカバーを外してしまったり、といろいろなことが起きています。

 

その他、「ユーズイット」コール後にラックを長くすることをPKにする、タックルだけでなくグラウンドに倒れたら必ずボールを一度放してから立ち上がる、トライのTMO判定は次のキックオフまで有効にするなど、いろいろな競技規則について話し合いをしました。

 

今回は、プレーヤー・ウェルフェアーシンポジウムと合同だったので、元アイルランド代表ヘッドコーチのジョー・シュミット氏、オールブラックスヘッドコーチのイアン・フォスター氏、元ABコンラッド・スミス、ビクター・ビトーなど、ワールドクラスの人たちが普通に同じ会場に。。

勉強になります。

 

 

 

2020年2月6日

こんばんは

今シーズンは大変です。

トップリーグも第4節に入りましたが、同時に、スーパーラグビーが開幕。そしてシックスネイションズも開幕しました。

トップリーグ 第4節 8試合

スーパーラグビー 第1節 6試合のうち5試合(うちライブで観たのは3試合)

シックスネイションズ 第1節 3試合

観終わりました。

なかなかタフな毎日でした。

と思ったら、明日からスーパーラグビー第2節。

毎週、山のようにラグビーが観られる幸せです(笑)

2019年6月30日

おはようございます

ロンドンから戻りました。

 

一昨日、昨日と先日日本協会のHPで発表された、「Law Review Group」の第1回目のミーティングに出席してきました。

今回のELVは、

1)50;22と呼ばれる、自陣の22mからHLからキックしたボールが、バウンドしてからタッチに出た場合は、マイボールラインアウトで再開できる、というものです。自陣での不要なコンタクトを避けるとともに、ディフェンスラインの人数を減らしてよりラインブレイクの可能性を増やそうとするものです、全会一致で採用されました。

2)交替要員の数を、フロントロー3名、その他のプレーヤー3名とし、3名のみ戦術的入れ替えを可能にする、というもの。後半の疲れたプレーヤーとフレッシュなプレーヤーのコンタクトによる負傷を予防するためです。エビデンスが不足しているため、継続して負傷数の追跡を行うのみとなりました。

3)ラックでのオフフィートプレーヤーの撤退、というもの。タックル場面でのボールを保持していない側のターンオーバーチャンスを増やすことで、よりコンテストのあるブレイクダウンを創出するとともに、ディフェンスラインの人数を減らす狙いがあります。

4)ラックでのオフサイドラインの解消を、ファーストレシーバーがキャッチされるまで解消しない、というものです。全会一致で不採用。運用が難しすぎますし、効果が疑問視されました。

5)タックルを腰の高さまでとする、というもの。すでにフランスでは採用されており、ジョージアでも採用する方向で進めています。

6)危険なプレーでYCになったプレーヤーの映像レヴューによるRCへの変更を可能にする、というものの。10分間に限りますが、レフリーのTMO判定時間を減らし、正しい判定でその後の試合人数を確定していくことにより、プレーヤーへの抑止を狙いとしたものです。投票は割れましたが、委員長の裁量で、採用することになりました。

 

上記はもちろん全世界で実施ではなく、トーナメントや国により採用し、経過を観察したのち、全世界的な実施になるようです。

日本で採用するかを、今後検討していきます。

2019年6月21日

こんにちは

いよいよ明日からトップリーグカップが開幕します。

今回リーグでは、今までトップリーグを吹いたことのないレフリーにもチャンスがあり、そのためのトレーニングキャンプを4月から毎月1回行ってきました。

 

先週末の土曜日、日曜日はその3回目のキャンプでした。千葉のアークス浦安パークで行いました。NTTコミュニケーションズシャイニングアークスのクラブハウスとグラウンドで、2面の天然芝グラウンドと全長80m以上のクラブハウスがあります。

1日目はあいにくの雨で、TMOの実技研修は屋内で行いました。

2日目は晴天で、奥野ストレングスコーチ(審判部門)にグラウンドでのトレーニングをお願いしました。午前中の走り込みの後、チームのレフリー担当やアナリスト、コーチやヘッドコーチも参加して、トップリーグカップのガイドラインをディスカッションしました。

日本協会のガイドラインは別に作成し、7月初めには配信できると思います。

 

キャンプに移動する前に、金曜日は高知で行われていた春季高校四国大会に行ってきました。愛媛国体の準備から繋がりができ、久しぶりに皆さんとお会いでき楽しかったです。

あいにくの雨の中でのビアガーデンでしたが、トンガ料理を堪能しました。

 

キャンプ後は、麗澤大学で行われていた、女子15人制日本代表の合宿に伺い、HCのレズリー・マッケンジーさんとミーティングをしてきました。麗澤大学は、元関西協会のトップレフリーだった松倉さんの学校で、懐かしいお話もできました。

 

今週は、熊谷、秩父宮に出没します。

 

2019年5月29日

こんばんは

日本ラグビーフットボール協会のホームページにリリースされましたが、この度標記グループメンバーに選出されました。

https://www.rugby-japan.jp/news/2019/05/29/49935

たくさんの「おめでとう」のメッセージ、ありがとうございます。

喜びよりも、責任の重さを感じております。

世界ラグビーのため、日本ラグビーのために、できる限りのことをしていきたいと思います。

イングランドに住むってわけではないです。6月末に2日間の会議に行ってきます。

 

2019年5月6日

こんばんは

10連休のゴールデンウィーク、どのように過ごされましたか。

お休み=ラグビー、の生活なので、毎日仕事させていただきました。

4月27日(土)28日(日)は、トップリーグパネルレフリートレーニングキャンプで宗像サニックスのクラブハウスで研修会でした。

その後は、5月5日までサニックスワールドラグビーユーストーナメントをベースに、九州の若手タレントレフリー発掘をしていました。

 

遅くなりましたが、4月のMANUKAのルールセミナーの様子を報告します。

今回は、北九州で行われたセブンズ大会の映像クリップを使って、ルール説明でした。

セブンズでは、タックルが起きた後に多くのプレーヤーがかかわらないため、反則がクリアに見えるので、説明しやすいです。(わかりやすかったかは不明ですが。。)

「タックルが起きたら、レフリーは何を見ているのか」についても説明を入れて、

あっという間の1時間半でした。

最後に、映像を見て反則名を答えてもらうテストをして終了。

答え合わせはこちらでしておきますので、今度来られた時にお返しするようにします。

5月もセミナーはありますので、よろしくお願いします。

 

2019年5月2日

こんばんは

北九州に来ています。

例年通り、グローバルアリーナでのワールドユース大会で10連休を過ごしています。

平成最後の日は、九州協会B1候補レフリーの研修会講師。

昨日は、お世話になっている花田先生を囲む食事会でした。

まだまだ続きます。

2019年4月25日

おはようございます

一昨日のことになりますが、スーパーラグビーのマッチオフィシャルで来日・滞在している、ベン・オキーフレフリーとアンガス・ガードナーレフリーのトークショーのお手伝いをしてきました。

司会進行は村上晃一さん、通訳は上条さんだったので、前に座るでもなく、質問をふられるでもなく、完全な参観者でした。

数人のよくお会いする方に声をかけていただきましたが、基本はアウェー。

今日はホームでルールセミナー、頑張ります。

2019年4月23日

こんにちは

先週末は、金曜日のスーパーラグビー、土日のセブンズワールドシリーズでした。

東京から北九州へ土曜日の早朝に移動するタイトなスケジュールでしたが、時差のせいで少し睡眠が不規則なので、ちょうど良かったかもしれません。

今回のスーパーラグビーの試合では、TMOの藤さんがレフリーと自分でコミュニケーションされ、上手くいったので、小生の声だけの出番は無くなると思います。(笑)

 

2020東京オリンピックまで、大きな国際セブンズ大会がないことになったので(来年は北九州で女子が行われない)、アシスタントレフリーやインゴールジャッジ、ピッチサイドコントローラーをオリンピック本番で日本人に任せてもらおうとしたなら失敗は許されない2日間でした。

幸い、レフリーマネージャーのパディから大きなお叱りを受けることなく、無事に終えることができました。

関わっていただいた全ての日本人マッチオフィシャルに感謝いたします。お疲れ様でした。

オリンピックまで、あと1年少し。

セブンズマッチオフィシャルも世界の舞台へ秒読みになってきました。