Photographers Inc

Supported by

2021年6月08日

2021年6月8日

こんばんは

先週末は、スーパーラグビートランスタスマンも4ラウンド。

全勝の3チームがボーナスポイントでファイナルに進む2チームになれるか、という様相になってきました。

 

今週もいくつか興味あるハイインパクトなディシジョンがありました。

クルセイダース 対 フォース

前半最後 40分59秒のTMO → 腕からはボールは離れていませんが、ノックオンの判定でした。

後半 50分02秒のTMO →フォースがタッチに出そうなボールをインフィールドに戻し、パス。キャッチミスからそのままクルセイダースがトライ。TMOでインフィールドに戻せていたか確認したところ、タッチラインに足がかかっており、トライはキャンセルされ、クルセイダースボールラインアウト。

60分22秒はキックの落下地点から10m下がらないプレーヤーがオフサイドの反則を取られた場面。競技規則の明確化(ルーリング2021−2)そのものでした。

レッズ 対 ブルーズ

後半 48分18秒 TMOで確認して、ボールは後ろに出て、前に転がったとしてノックオンではなく、トライが認められた場面。

78分40秒 リフトタックルの反則

ハイランダーズ 対 ワラタス

前半 2分10秒 いきなりのトライでしたが、TMO。デコイで走ったプレーヤーがオブストラクションしている可能性ありでしたが、そのままトライが認められました。

チーフス 対 レベルズ

前半 8分40秒 こちらはトライの後でTMOでオブストラクションになった事象です。

ブランビーズ 対 ハリケーンズ

前半 23分36秒 頭部へのタックルでしたが、タックルされたプレーヤーがパスを放った後、明確に沈んだのでイエローカードで済みました。

 

さて、最後にブランビーズ対ハリケーンズの後半73分29秒のトライ場面でのTMOによるトライキャンセル。

違和感ある方、おられますか?

違和感があれば、TMOの素質ありです(笑)