Photographers Inc

Supported by

後半からレフリー交代

2018年5月14日

こんばんは

スーパーラグビーの第13ラウンド、ブルーズ対ハイランダーズ、もう観られましたか?

レフリーは、南アフリカのヤコ・パイパーでした。

でも、後半が始まろうとしている時に、再びマッチオフィシャルの紹介があって、ポール・ウィリアムスがレフリーに。

確か、前半の紹介時には、第1ARはジェイミー・ナッツブラウン、ポールは第2ARだったはずですが・・・

ヤコは試合前に蜘蛛に刺されたそうで、試合中に病院に行き、試合後すぐに南アフリカに帰国したそうです。(イーゴンレフリーの情報)

後半から担当したポールは、スクラムのマネジメント時には前半のヤコの注意を継続してました。

この試合は、スーパーラグビーには珍しく、レフリーカメラを使用してました。

映像はあまり使われていませんでしたが。

興味がある方は是非。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です